チョモランマに登るには。

Androidアプリ開発の初心者が立派な開発者になるまで

2015年最後の近況報告

こんにちは。
もう今年も終わりですね。なんかあっという間に1年が過ぎたような気がします。
ようやく落ち着いて記事を書ける余裕もできたので、大晦日ですし2015年最後のブログ更新をします。

近況について

現在の就業先に来てからはなかなか多忙な日々が続いており、土日出ることもままあるようになりました。
だからもう超しんどくって・・・というわけではなく、自分としては丁度よかったと感じています。
何が丁度いいかと言うと、それだけ働けることのメリットが2つあるんです。

お金のメリット

まず一つはお金の面。
僕はこのブログでずっと書いてきましたが、1年近く独学でアプリ開発をしていてお金がなくなったので就職したというのが今年の夏の出来事なんですね。
で、なんとか就職先を見つけましたが、アパートの一室でやってるようなとても小さい会社ですのでやっぱり給料は少ないんですね。
とりあえず収入は確保したけど、このままじゃ生活はやってけないなという感じでした。
そこへ今の就業先への派遣で少し給料もあがり、さらに働いた分だけ残業代がつくというのは、もう凍えるぐらい冷えていた僕の懐具合には本当に丁度いいんです。

同じ仕事といっても、事務系とか他の職種だと会社から残業しないように言われることもあるので、そうなると残業代を稼げないですからね。そういう意味でも忙しい職種・職場で本当に助かりました。

経験のメリット

二つ目の丁度いい理由は経験の面です。
僕は現在27歳なんですが、この歳で未経験の他業種に入るっていうのは結構出遅れ感がありますよね。
でもとにかく経験者の人に追いつかなきゃいけません。いけないっていうか追いつきたいんですよね早く。
そうなるともうウサギとカメみたいなもんで、僕みたいな亀はウサギが休んでる間もとにかく動いている必要があるんです。
だから平日も遅くまでやって、土日も出て、っていうのは丁度いいんですよね。
とにかく早く知識と技術を身に着けたい僕にとってはこの多忙さが必要なんです。

個人活動について

そんな感じでお金と経験のメリットがありますが、もちろんデメリットもあります。
それは自分の時間がなくなって、勉強やアプリ開発ができなくなっていること。

まぁよくある話ですよね。仕事が忙しくて個人のほうがおざなりになって、で結局面倒になってやめちゃうっていう。
現状僕も例にもれずアプリ開発がおざなりになって、満足にレビューも見れていない状態ですし。
ただ僕の場合は面倒でやめるってことはないと思います。 僕はもともとどこかの会社にずっと所属してやっていきたいとは新卒の頃から思っておらず、社員としてではなく個人としての成果を出すことを人生の目標にしています。

なので優先順位は仕事より断然個人活動のほうが高いです。
仕事と違ってまだお金にはならないですけど、でも自分の好きなことを好きなようにできますからね。
仕事はあくまでお金のためです。
忙しいといっても朝の時間はありますからね。その時間をちゃんとアプリ開発にあてようと思います。
自分へのクリスマスプレゼントでディスプレイも買いましたからね。開発環境の準備はバッチリです。

2015年のまとめ

2014年11月に初めてアプリを出し、今年に入ってからも何本かアプリを作っては出し、そして運用していました。
アップデートを繰り返したりして時間が過ぎていくなかで、だんだんとユーザーさんが増えていき、ユーザーさんの声が聞こえてくるようになりました。
アプリを運用していく中でユーザーさんとやり取りしながらアプリを改善していくのはとてもやりがいがあり、充実していました。

ただ喜びの反面、責任も感じるようになりました。
とにかくまだ不具合や凡ミスが多く、ユーザーさんには多々不便をかけてしまっています。
お金は取っていなくても、誰かに使ってもらっている分、開発者としての責務をちゃんと果たさないといけないなと思うようになりました。
不便をかけてしまっても優しく許してくれるユーザーさんには本当に感謝しています。優しい世界です。

これからは会社で修行している分、自分のアプリに還元していきたいと思いますので、だんだんと不具合もなくなり、質や便利さも向上していくと思います。

2014年にプログラミングを始めアプリを作り、2015年にアプリを運用し、2016年にはきっともっと大きな飛躍があると確信しています。

そんな感じで来年も頑張っていこうと思いますので、来年もどうぞよろしくお願い致します。

よいお年を。