チョモランマに登るには。

Androidアプリ開発の初心者が立派な開発者になるまで

不運な1日と恥ずかしい出来事

こんにちは。

今日は不運な1日でした。

実機テストで見慣れたエラーだったにも関わらず、つい魔がさして慣れないことをしてしまい、かえってややこしくしてしまったり。
何を間違えたのかデスクトップフォルダの大半が消えてしまう事件が起きたり。
コンビニで買い物したら金額がちょうど444円だったり。

レジに444って並ぶとドキっとしますね。「あれ、俺死ぬのかな?」って思いました。


そういえばコンビニで思い出したんですけど、こないだ雨の日にコンビニで思いっ切りすべってこけたんですよ。
もう今の靴の裏がもうつるつるになってるんですよね。
だから気をつけて歩いてたのに、コンビニ入ったときについ気を抜いてしまい・・・

ツルッ ドスン!


思いっきり尻もちつきました。

中学以来ですよねあんなに見事に転んだのは。

今って入口にコーヒーメーカー置いてありますよね。
そこでOL風のスレンダーなお姉さんが優雅にコーヒーを入れてたんですよ。
その真後ろで思いっ切りこけたので、そのお姉さんになんて言って体面を保とうかなと、こけてからの一瞬で言葉を探してました。

「いやぁ、普段はすべり知らずなんですけどね」とか言えばウケるかなと思いながら。

で、パッとお姉さんの方を見たら、全くこっち見てないんですよね。
黙々とコーヒーを入れてるんですよ。
もう僕は黙って立ち上がるしかないですよね。

何が恥ずかしいって、「大丈夫ですか?」と当然言ってもらえるもんだと思ってた自分が恥ずかしいですよね。
しかも「どう返事すればウケるかな」とか、こけながら考えてるこのスケベ根性。
それが声をかけられるどころか見てすらないっていう。まさに無関心。

もはやこけたことに対する恥ずかしさはなく、期待をこめてお姉さんの方を振り返った自分がとてつもなく恥ずかしいです。


そんな感じで恥の多い生涯を送っている僕が開発したアプリはこちら↓↓

chomoranma - Google Play の Android アプリ
何か気になるものがあれば使ってみてください。


おわり。 (書く予定だった内容と全然違う・・・)