チョモランマに登るには。

Androidアプリ開発の初心者が立派な開発者になるまで

就活をしていることが悔しい

こんにちは。

今日も1社面談に行ってきました。
今日一番の失態はPythonの読み方を知らなかったこと。

「パイソン・・・? いやぁ知らないですね」って(笑)
フィチョンとかフィトンとか勝手に自分の中で読んでました。
まさかパイソンと読むとは・・・一つ勉強になりました。


就活をしていることが悔しい


昨日、できる言語を聞かれてJavaしか言えないことが悔しいと書きましたが、本当は就活をしていること自体が悔しいんだなと思いました。

前職を退職してから今日までやってきて、もし自分が作ったものでお金を稼げていたら、現在就活する必要はなかったわけなんですよね。

でも今してると。

1年半ぐらい自分の好きなように好きなことをできる時間があったのに、結局自分の身ひとつ生活させるためのお金を稼ぐことができなかった。だから就活をすることになった。

結局は自分はまだまだ未熟者ってことなんですよね。
それを認めた上で自分を高めていくっていう、「次」することは分かってますが、それでも思ってたようにできなかった「今」がやっぱり悔しい。