チョモランマに登るには。

Androidアプリ開発の初心者が立派な開発者になるまで

デザインのプロセスがわからない

やってしまった…。昨日アップデートしたチャットノベルでバグを出してしまった。
新規のインストール時にアプリが起動できないという致命的なバグ。

原因はグローバル変数に変更したのに変更前のローカル変数の宣言も残っていたためにバグが生じました。
見落としてました…。反省します。


デザインのプロセスがわからない

さて、前回も書きましたが、最近はアプリのデザインをもっとどうにかできないかと試行錯誤しています。

今日は読書ノートアプリのフロムブックのデザインを考えていました。


ストア内容変更するの忘れてたので、まだ変更前です。


なんとか野暮ったい感じをなくしたいなと思ってやり始めるんですが、どうすればいいかわかんなくなるんですよね。

学ぶことはまず真似ることからだと思っているので、先日書いたように参考サイトを探してはpinterestにピンして真似る対象を探すんです。まずは。

で見つかったら真似すればいいわけなんですけど、それがどうもすんなりいかないんです。

多分アプリの目的とか機能が違うから簡単に真似できない部分があるんですよね。

だから結局簡単に真似ることが出来ず、どう応用すれば自分のアプリに使えるのかを考えながらずーっと見ていきます。

でも結構時間かけても全然見えてこないんですよね。完成形が。

どんなレイアウトがお洒落に見えて、かつ使いやすいか、考えてもデザインの素養のない自分の頭では全然イメージが湧いてきません。

結局は最もメジャーなアプリはどうしているかと、Google playYouTubeのアプリから学ぶことが多いです。
つまりお洒落より、まとまっていて、見やすいようにすることで落ち着きます。

もちろん全然満足はできません。


同じアプリ開発の中にある仕事ではあるけど、コードを書くのとデザインは考え方の面で違うのかなと思いました。

企業ではプログラマーとデザイナーが分かれている理由がよく分かった1日でした。


ぼくはどっちになりたいかと言えば、どっちもできるようになりたいですね。

デザイン勉強します。