チョモランマに登るには。

Androidアプリ開発の初心者が立派な開発者になるまで

ゲームアプリを作りたくなる誘惑

こんにちは。今日も暑かったですね。

暑いとついコカコーラとか買っちゃいますけど、今なんか名前が書いてあるんですね。
あれって、パッと取ったやつが昔嫌いだった人の名前だったら嫌になりますね。

でもじゃあ自分の名前があるかと言ったらないし、知らない名前でもTAKESHIみたいな男の名前のを買うのもそれはそれでなんか気持ち悪いし。
だから結局女の子の名前のを買うことになるんですよね。


ゲームアプリを作りたくなることもある


皆さんはスマホでゲームしていますか?
僕はあんまりしないんですけど、最近よくゲーム作ろうかなって思うことがあります。

特に最近アプリのマネタイズに悩んでいるので、ゲームの方が…なんていう現実逃避感のある思いを持ってしまいます。

ゲームアプリがヒットして、広告で月何百万も収益をあげたとかいう記事よく見ますし。
もともとゲーム好きな少年だったので、やっぱりゲームかなぁなんて思うわけです。

じゃあいっちょ切り替えてゲームで勝負するかぁ!
と少し悩んだ末、そりゃ無理だろと自分を抑えることにしました。

作ることはできると思いますが、リリースしてヒットするかと言ったら多分ヒットどころか埋もれて終了みたいになる気が大いにするんです。

と言うのも、僕が見てるゲームアプリってランキング上位だったり人気のアプリだけなんですよね。
人気のものしか上位に来ないし、記事にもならないのは当たり前ですけど。

でもその裏には僕の知らないアプリがきっとたくさんあるんですよね。
 
僕みたいに夢を追ってアプリ作ってはみたけれど…っていう人も多いような気がします。

そう思うと、また未知の領域に踏み込んで自分を追い込んで「ヒットさせてみせる!」とか思いながらゲームアプリ作るのは今の僕にはできないですね。

当たっても当たらなくてもいいかなと思える時になったら楽しみながら作ってみたいと思います。


今はそんな誘惑よりもちゃんと今のアプリの質を高めていかなきゃいけませんね。
頑張ります。