チョモランマに登るには。

Androidアプリ開発の初心者が立派な開発者になるまで

オブジェクト指向がわかってなかった問題

こんにちは
ハリルジャパンの試合おもしろかったですね
最後の宇佐美のシュート入ってほしかった!
また次の試合が楽しみです。

さて、私の勉強の方ですが、先日パーフェクトJavaを読み終わりました。
読んでいく中でJavaの知識が増えていくのが分かりましたが、反対に理解できていないところもはっきりしました。

理解できていないところ、それはまさにオブジェクト指向でした。

正直に告白します。
私はオブジェクト指向をないがしろにしたまま、これまでアプリを作っていました…。
だからコードが冗長で複雑になっていたのでした…。

じゃあもう一度基礎から見直してみようと、Javaを始めるときに買ったテキストのオブジェクト指向の項目を再読。

スッキリわかるJava入門 第2版

スッキリわかるJava入門 第2版


そしたらめちゃめちゃ理解が進む!
順序が逆ですけど、アプリで使ったコードを思い出して
「あー!あのコードはそういうことか!」
「そういう意味だったんだ」
って感じで、本の内容がスイスイ頭に溶け込んでいきました。

その理解を早く実践に落とし込もうと、アプリ作りながらオブジェクト指向を取り入れてますが、なんか楽しくなってきました。
今までと違う頭の使い方になって、すごい新鮮ですね。

考え方が違うだけでこんなにも変わるなんて。
おもしろいものですね。