チョモランマに登るには。

Androidアプリ開発の初心者が立派な開発者になるまで

会社に入るための勉強を始めました。

こんにちは。

とうとう北陸新幹線が開通したようですね。 北陸って全く行ったことがないので僕も早く行ってみたいものです。

就活します

さて、街中は訪れる春に向けての準備段階に入っていますが、僕も新たな季節に向けてシフトチェンジすることにしました。

これまで個人でアプリ開発していましたが、そろそろ会社に入れてもらおうと思います。

理由は単純にお金です。

アプリを勉強し、作り始めてから7か月、アプリでウハウハという夢のような世界は未だ僕には訪れず、もうあまり夢物語に希望を持てなくなってきました。

別に個人でやることに限界を感じたわけではありません。

ただ、花が咲くまでに時間がかかるということが分かったので、会社で働きながら個人でも気楽に作り続けていきたいなと思います。

勉強

さてさて就活しようとなるとこれまた忙しくなります。

お給料をもらうということはそれ相応の働きをしなければなりません。

給料をもらってるのに「いやぁ自分文系出身だし、営業してたし、数学苦手だし、田舎出身だし、それに開発はまだ初心者なもんで・・・」という言い訳はきかないですからね。

ということでこれからは開発ファーストではなく、勉強&勉強の日々です。

教材

しなきゃいけない勉強は多いです。

まず、未だ自信のないJavaについての復習

改訂2版 パーフェクトJava

改訂2版 パーフェクトJava

そして、GitHubについて。

前職は人材系でいたので、ベンチャー系の企業さんがGitHubを使える人をよく要件に出していたのを覚えています。

GitHub実践入門 ~Pull Requestによる開発の変革 (WEB+DB PRESS plus)

GitHub実践入門 ~Pull Requestによる開発の変革 (WEB+DB PRESS plus)

gitの部分で頭がモヤモヤしちゃったのでgitに関する本も追加で買うかも。

肝心のAndroidの勉強。

良いAndroidアプリを作る139の鉄則

良いAndroidアプリを作る139の鉄則

あとはITビジネスについて。

ITビジネスの原理

ITビジネスの原理

おわりに

会社に入っちゃうと勉強する時間と体力も限られてくるので、今のうちに必死こいて詰め込んでおきます。

Git Hubも使って慣れておかないと。

がんばります。