チョモランマに登るには。

Androidアプリ開発の初心者が立派な開発者になるまで

Progress of Project開発の振り返り。

こんにちは。

先日リリースしたアプリ、Progress of Projectの開発中に書けなかったことを、次のアプリを作る前に色々書き残しておこうと思います。

 

リリースしたアプリ

f:id:chomoranma9:20150222130928p:plain

 

Progress of Project -タスクの進捗管理- - Google Play の Android アプリ

 

 

苦労したこと

今回は割とさくっとできたと思います。

期間としては2週間とかそれぐらい。

基本的にListViewに追加してそれをいじるってだけなので、今までのアプリで作ったものをコピペして持ってくれば大方できました。

だから今までのアプリに比べると、苦労っていうほどのものはあまりなかったように思います。

 

学んだこと

データベース処理

今回はがっつりSQLiteを触りました。

構成上、複数のテーブルで管理することにしたので、こっちを変更したなら他のも変更する、とか。

おかげでデータベースに対する自信が持てました。

 

プログレスバー

達成度を表すプログレスバーはこのアプリのキモとなるものでした。

数値に合わせて表示を変えるのは簡単でしたが、大事なのはデザインをどうするか。

僕は以下のサイトを参考にしました。

How to implement Horizontal and Circular Progressbar and Customize in Android | Geeks.Gallery

 

あと、ちょっと淡い感じにすればおしゃれ感でるかなと思ったので、それぞれの色に対して透明度を設定しています。

どうやらカラーコードの前につけるだけで透明度になる仕様があるようです。

以下のStackOverflowで一覧を教えてくれています。

transparency - How to make a background transparent 20% in android - Stack Overflow

 

f:id:chomoranma9:20150222130317p:plain

 

最初にアイコンを作るメリット・デメリット

今回はなぜか一番最初にアイコンを作ってしまいました。
多分アイコン作るのが好きなんだと思います。
最初にアイコンを作って、それからアプリの開発をしましたが、メリットとデメリット両方あることがわかりました。

 

メリットとしては、自分が気に入ったアイコンができると、やる気が出るということ。
そのアイコンを人に見せたいがために、コーディングもがんばれます。

 

デメリットは、開発中にイメージが変わってしまうこと。
アイコン作成時はシンプルにクールな感じのアプリにしようと思っていたのですが、出来上がる頃には結構イメージ変わっちゃったかな、アイコンと合ってるかなと少々悩みました。

 


でも次のアプリもまたアイコンから作っちゃってます(笑)
もしかしたらアイコン作るときがアプリ開発で一番楽しいかもしれない。