チョモランマに登るには。

Androidアプリ開発の初心者が立派な開発者になるまで

Androidアプリ開発を始めて2か月たった(早い)

// プログラミングを始めて182日目

//現在Androidアプリ開発中。

 

もう2か月経ちました。早いです。

最初のアプリがまだできていません。

ただ、基本的な機能はようやく終わった感じなので、今月中には出せると思います。

はやくリリースしたい。

この一か月なにしたか。

2か月目となる9月は、ずっと試行錯誤してました。

作りながら理解していくスタンスでやっているので、何か一つ機能をつけるにもいちいち立ち止まって悩んで時間かけて何とかクリアするという感じでした。

androidアプリの情報はweb系ほど溢れてなく、多くが英語だったりしますが、それでも日本語で教えてくれているブログは中にはあるので、常に分からないことは検索しながら進めていきました。

つけたい機能も最低限に絞ってるつもりなんですが、それでもやることは多いし、その一つ一つに時間かかるしで、そんなこんなで気が付いたら10月になっていました。

そして週1でなんとか続けていた映画ブログもとうとう更新が滞ってしまい、アプリ開発を始めるって結構エネルギーいるなぁと今更ながら痛感しました。

コードが長くなってきた

さらに、付け加える機能が増えてくると、コードが長くなって複雑になってくるのでこれまた大変です。

最初の頃より集中力がいるようになって、デスクから遠ざかってしまうことも増えたような気がします。

特に「これどうすれば動くんだ・・・」ってやつを解決できたときは「やったー!」って言ってそのままベッドに倒れこむぐらい達成感と疲労感がはんぱじゃないです。

ただ自分の頭で考え抜いた末にたどり着いた解決はちょーきもちいいです。

自分なりの解決法とかもできてきた

やっぱり毎日が「問題発生→悩む→悩む→寝る→解決!」みたいな日々を送っているので、「こういうときは大体こうすればおk」みたいな経験則も増えてきました。

以前悩んだものをすっと解決できたときは自分が成長したなぁって思える唯一の瞬間でもあります。

当初悩まされていたeclipseの謎のエラーも今ではほぼ回避できていて、ようやくeclipseといい関係を築けたなと思っています。

毎日PCの前に座って作業する、という変わりのない風景が続いていますが、毎日多くの時間を捧げてるだけあって、少しは自分も前に進めているかなと実感しています。

改めて勉強する時期

Androidアプリ開発を始めるにあたって、最初の勉強もそこそこに開発を始めたので、まだ全然わからないことが多いです。

今は本当に動けばいいっていうレベルなんですよね。

でもアプリは人に使ってもらうものなので、そこはちゃんと分かっていたいと思い、改めて勉強しようと新しいAndroid本を買いました。

 

プロの力が身につく Androidプログラミングの教科書

プロの力が身につく Androidプログラミングの教科書

 

 開発しながら、疲れたりつまったりしたらこれを読むっていう感じで開発&勉強を並行して今後はやっていこうと思います。

 

と、今後の動向も書いたところで今回はこのへんで。

またブログ更新します。