チョモランマに登るには。

Androidアプリ開発の初心者が立派な開発者になるまで

Androidアプリ開発を始めて1か月たった。

//プログラミングを始めて156日目

//現在Androidアプリ開発中

 

8月からandroidアプリの勉強を始めてあっと言う間に一か月がたちました。

正直、めっちゃ難しくってブログを書く気力すら奪われました。

今日はちょっと用事あって作業できないので、時間まで少しこの一か月を振り返ってみたいと思います。

一か月で何をしたか。

まず、他の言語と同じく、手を動かしながら覚えていこうということで、「10日でおぼえるAndroid入門教室」をやるが、やっぱりJavaを先にやらないとだめだと気付く。

 

10日でおぼえるAndroidアプリ開発入門教室 第2版 AndroidSDK 4/3/2対応 (10日でおぼえるシリーズ)

10日でおぼえるAndroidアプリ開発入門教室 第2版 AndroidSDK 4/3/2対応 (10日でおぼえるシリーズ)

 

 じゃあJavaをしようということでまずドットインストールを見たかな。

そのあと下の本を購入してJavaの勉強にとりかかった。今まで勉強した言語となにか違う感じに戸惑いながらも一気に2,3日で読んだ。

 

スッキリわかるJava入門 第2版

スッキリわかるJava入門 第2版

 

 次に改めてandroidアプリ開発の本に取り掛かった。こちらも手を動かしながらやっていくが、なかなか手ごわく、すごい疲れた。内容自体はすごいわかりやすくて、「ああこういう感じなんだ」って一つ一つ学ぶことができた。

 

はじめてのAndroidアプリ開発―Android4対応版 (TECHNICAL MASTER)

はじめてのAndroidアプリ開発―Android4対応版 (TECHNICAL MASTER)

 

自分の目標は技術の習得より作ることなので、この辺はサクサクいきます。

それでいつも後々頭を悩ますことになります(笑)

 

とりあえず基礎的なことは頭に入れたと。

自分なりの定石でいけば、このあとはサンプルをいじって、自分なりに作りながら覚えていく作業に入るんですが、ここからがあまりすんなりいかなかった。

web系だと探せばすぐに色んなサンプルが見つかるんですけど、それに比べるとandroidの方は少ないんですよね。

サンプル集みたいな下の本もあって買ったけど、結構古いんですよね。

作ろうとするものに合うものがあればその都度使おうと思ってますが、今のところ何も使ってない。

 

Android アプリ サンプルプログラム大全

Android アプリ サンプルプログラム大全

 

 サンプル探す前に、まず何から作ろうかということが大事ですよね。

作りたいアプリのアイディアはたくさんありますが、まずは一番簡単なものから始めるのが定石です。

じゃあまぁメモ帳アプリあたりだろうと決めて、とりかかる。

最初はなんのこっちゃ状態でしたが、「ああ、このクラス(メソッド)を使えばいいんだな」ってことが判明するとやることは明確になってきます。

 

- そのクラス(メソッド)の使い方を調べてサンプル試す。

- だめなら他のサイト他のブログのものをかたっぱしから試してみる。

 

でもエラーが出続けて、「どうして動かないんだ!」と頭を悩ます。

袋小路にはまってしまった時は、基礎に立ち戻ってシンプルに考えてみれば、頭をぐーっと悩ました後になんとか解決することができます。

結構しんどいです。

一つの機能をつけるために毎回頭を痛めてる気がします。

8月はこの繰り返しの一か月でした。

 

しかもひとつのアプリにしようとしたらなんとまぁ多くのことをしないといけないことか!

webだととりあえず最低限ここまでできたら公開して・・・ってできますけど、アプリだとその最低限のハードルが高い!

そのため小さな達成感を得ることも叶わず、モチベーションの維持が大変になってくる。

アプリ開発って大変だ。