チョモランマに登るには。

Androidアプリ開発の初心者が立派な開発者になるまで

「10日で覚える」本からの脱走と、「スッキリJava入門」に入門した話。

// プログラミングを始めて129日目

 

10日でおぼえるシリーズは、まず実習させるっていうところが、習うより慣れろ派の自分には丁度よくて結構好きなシリーズです。

とにかくバーッて手を動かして、感覚で覚えていくのがいいんです。

でもこのシリーズのAndroidアプリ開発入門教室に関しては、どれだけコードを写してみても、なにがなんやらって感じだったんです。

「やっぱJavaを先にやらないと難しいな・・・」

と思い、Amazonjavaの本を調べると、なんとこの「10日でおぼえるAndroidアプリ開発」の評価をたまたま見ちゃったんですね。

すると酷評ですよ。

こんなもんかと思ってやってましたが、確かに説明不足すぎるかもしれない・・・とレビューを見てようやく確信にかわりました。

 

ということでいったんその本は置いておき、Javaの勉強を始めました。

行きつけの紀伊国屋AndroidコーナーとJavaのコーナーをうろうろしたあげく、「スッキリわかるJava入門」という本を買いました。

この本はすごい初心者向けで、環境構築をしなくてもJavaを実行できる

Dokojava というものを使って勉強できるんです。

コンパイルも実行もクリックひとつでできるし、すごい楽です。

 

たまたま昨日本屋行って、見て、選んだのがこれだったんですが、

ネットでDokojavaを探すときに見つけたこのブログ、

超絶リファクタリングを終えたスッキリJava、いよいよ発売開始ッ! - flairDays - てさぐりの日々

著者の方ですかね? 発売開始という記事がなんと2014/08/07で、買った当日という運がよかったといえばそうだし、もうちょっと早く買ってれば危なかったーというところでした。

まぁそういう運のよさに喜びつつ、本は600ページ越えでそうとう分厚いですけど、早くバーッと理解して、早くAndroidアプリ作れるよう頑張ります。